Skip to content

お歳暮を贈る際に注意すべき事

お歳暮とは、1年間の感謝を込めて1年の終わりである12月に贈り物をするというのが基本です。贈る相手としては、離れて暮らしている両親や親戚、会社の関係者に友人といった間柄の人達が多かったりします。ただし贈り物だから誰に贈っても問題ないと考え、いい加減に贈ってしまうと失敗する恐れがあるので、注意すべきです。実はお歳暮というのは、贈っては駄目な相手というのが、存在しています。

贈る際に特に注意すべき相手と言うと、公務員です。というのも公務員は倫理規定により、利害関係者からの金品の受け取りは禁止されています。子供がお世話になった担任の先生にお歳暮を贈るという行為は、利害関係者からの金品の受け取り行為です。なので贈る側は感謝の気持ちを表したつもりでも、先生の方は迷惑で厄介な贈り物となるので、控える事をおすすめします。

ただし公務員でも、親類や単なる友人といった利害関係のない間柄であれば、受け取る事は問題ありません。最近では会社の上司や同僚へも、贈らない方が良いケースも増えています。というのも会社では、出世や異動といった人事が絡むので、金品のやり取りを禁止している所も少なくないです。更に喪中の相手は、お歳暮を贈る事は出来ない、と考える人も少なくありません。

ですが祝い事ではなく、感謝の気持ちを表す行為であるため、相手が喪中であっても、お歳暮を贈る事は問題ないです。ただし相手が喪中の場合は、49日を過ぎてから贈る事がマナーとなっています。お歳暮のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です