Skip to content

地域により異なるお歳暮の時期

お歳暮を贈る時期は地域に異なる場合があります。お歳暮を贈るという場合には、受け取る側の地域の事情を考慮して贈るようにしましょう。多くの地域では12月13日から25日の間に届く様に贈りますが、関東地域は12月1日から25日頃に届くようにするのが良いとされています。最近は贈る時期が徐々に早まっている傾向にあります。

なお、12月26日から12月31日までの間は受け取る方の事情もありますので、確認をしてから贈るようにしましょう。お歳暮を贈る側もしくは受け取る側が忌中の場合は、お歳暮は贈らないようにしましょう。いずれかが喪中の場合には贈っても問題はないとされていますが、気になる場合には、年をまたいで寒中見舞いとして贈るようにすると良いでしょう。お歳暮の手配が贈るのに適している時期に間に合わなかったという場合には、お年賀を代わりとすることが可能です。

お年賀については、配送ではなく、年始の挨拶に訪れる際に持参をするようにしましょう。お年賀を持参する時期も地域によって異なり、関東は元日から1月7日までそれ以外の地域は元日から1月15日までとなります。一度贈り始めると、なかなかやめる機会がないものですが、仕事関係の人の場合には、転勤や退職などにより相手との関係性が変わった時を一つの区切りとして、やめても良いでしょう。ただやめることに抵抗があるのであれば、最後の1回を贈る際に手紙を添えると良いでしょう。

お歳暮のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です