Skip to content

お歳暮の贈る時期や相場

お歳暮はお世話になった方に、一年の感謝の気持ちを込めて喜ばれる物を贈りたいものです。現在では他人への贈り物として定着していますが、元々は先祖や神様を新年に迎えるにあたり、お供え物を年の暮れに本家に届けていた事から始まります。今のように習慣化されたのは江戸時代からと言われています。折角、お世話になった方へのお歳暮を贈るので間違った時期では失礼にあたる為、贈るにもマナーが必要となります。

古い習慣ですす払いと呼ばれるものがあり、12月13日から始める事からこの日より20日頃までに相手に届くようにすると良いと言われています。今では12月初旬より贈り始める方も多くいますが、逆に遅くなり25日以降になると新年の準備で忙しくなるので大変失礼となります。お歳暮は、日頃の感謝を伝える意味なので一度送ったら来年からは無しとはなりません。今年だけで済ませたいのであれば、「お礼」という形で届けると良いです。

気になる相場ですがあまり安いのも失礼ですし、高すぎると気を遣わせてしまいます。一般的には3、000円から5、000円が丁度良い価格帯と言えます。毎年送るものなので、高ければ来年からもランクを下げる事なく贈る事になります。無理をせずにできる範囲で行うのが一番良い事です。

この範囲で考えると上司や同居していない親には5、000円の品物で取引先や友人には3、000円程度の物が一番適切と考えられます。贈るものとしても、相手の好みに合う品物を選ぶようにして下さい。お歳暮のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です